「毎日酵素」のバナー

TOP >> blog >> 故人の知恵 【ごずこん】

故人の知恵 【ごずこん】


欧米食の普及により肉食を主食として摂るようになった私たち日本人ですが、

今回は昔の日本人の食事法をお話しようと思います。

 

というのも、歴史上の戦国武将忍者が愛用した健康食が、最近の研究で免疫力アップの効果があると認められました。

そして昔の食事方を「武士メシ」と呼び書籍化されたり、TV等で注目され始めているんです。

 

昔の人が愛した健康食、

それが「ごずこん」と呼ぶそうです。 

ごずこんは戦国時代の武将や忍者が主に携帯食として食べていた三つの食品名を合わせたもので

胡麻大豆昆布の頭文字をとって「ごずこん」と読んでいたと言われています。

 

三つの食品は現代でも栄養価が高いと言われている食品ばかりです。

このごずこんは、昔から日本人の食生活にはかかせない存在で、

疲労回復精力アップなどの重要な栄養源として食べられていたそうです。

 

また、最近行われた研究では、ごずこん(胡豆昆)には体内の免疫力を高める効果がある事が確認されました。

 

その研究内容は

試験用のマウスを3つのグループに分けてそれぞれに

普通のえさ
胡豆昆(ごずこん)
発酵させた胡豆昆(ごずこん)

を1週間食べさせて、グループごとに

マウスの腸内にあるIgAの量について調べました。

IgAとは、免疫グロブリンAと呼ばれるもので、腸管免疫力の指標のことです。

 

実験の結果、

普通のえさを食べたマウスに比べ
胡豆昆(ごずこん)を食べたマウスの方が、IgA明らかに増えたそうです。

 

それぞれの食品の健康効果を見て行きたいと思います。

 

まずは胡麻です。

ゴマは抗酸化力の強いセサミンビタミンEを多く含んでいます。

特にセサミンは血中コレステロールの酸化を抑える事で、血液をさらさらにし、

心筋梗塞脳梗塞といった血管の病気の予防や改善に効果があると言われており、

さらに美肌効果精力アップにも効果てき面だそうです。

 

次に大豆です。

大豆にはイソフラボンレチシンサポニン大豆たんぱくと沢山の栄養素が含まれております。

イソフラボンは、女性ホルモンと似たような構造を持ち、血中コレステロールを減らす働きが強いと言われています。

レシチンには、イソフラボンと同じくコレステロールを減らす働きの他に、中性脂肪の増加を抑える効果もあります。

サポニンは抗酸化力が強い栄養素で、活性酸素を無くす働きが期待出来ます。

大豆たんぱくにはコレステロールが腸から再吸収され、体内で再びコレステロールになるのを抑える働きがあるそうです。

 

最後に昆布です。

昆布にはヨードカルシウムカリウム鉄分などのミネラル類や水溶性食物繊維を含んでいます。

更に、昆布特有のぬるぬるの成分であるフコダインにはがん細胞を自殺に追い込む特別な力があると言われています。

またフコダインには美肌効果もあり、昆布の養殖をしている人の手は、いつもツルツルして色白いそうです。

 

このように一つ一つも大変にすぐれた健康食品の胡豆昆(ごずこん)ですが、

ごずこんを現代食風にアレンジすると、

煮豆と昆布の佃煮にごまをふりかけて食べるのが一番簡単な食べ方だと思います。

皆さまも是非、オリジナルの胡豆昆(ごずこん)を考えられてはいかがでしょうか?

 


コメントは受け付けていません。

ブログ新着記事

目的別:酵素飲料の飲み方ガイド

酵素(こうそ)断食ダイエットの方法と口コミ - 酵素(こうそ)飲料飲み方ガイド

酵素(こうそ)置き換えダイエットの方法と口コミ - 酵素(こうそ)飲料飲み方ガイド

酵素(こうそ)で体質改善の方法と口コミ - 酵素(こうそ)飲料飲み方ガイド

メインコンテンツ一覧

酵素飲料一覧

酵素サプリ一覧

酵素飲料比較